大きなおっぱいとブラジャーの話!形はナイトブラで整える!

母方から遺伝したのか、私のバストは大きい。ブラジャーをさがすのにひと苦労します。実店舗で売っていることはまずないサイズなので、大抵ネットで探しています。ただ、ネットで買った商品の困るところは、試着ができないところです。ブラジャーは、単にサイズが合えば良いというものではありません。おっぱいが大きいと、ブラジャーがおっぱいを支えきれない事がままあるからです。それに、いつも着けているサイズのブラジャーを選んだとしても、メーカーなどによってサイズ感が違うのです。

胸の形はナイトブラで整えよう!

着けた時の形も違います。実店舗で買う時は、必ず試着をしてから買っています。しかし通販の場合は一度着たものを返品するわけにもいきません。なので、いつも仕方なく変な形のブラジャーを着けています。
大きなブラジャーで困る事がもう一つあります。そもそも自分のサイズのブラジャーを見つけるのが大変なので、ショーツが二の次になってしまうのです。二の次とはどういうことかと言うと、サイズの合ったブラジャーを見つけたら即買いせねばならないので、ショーツとブラジャーをお揃いで買う事が難しいのです。セットで購入できる事は、まず無いと言って良いでしょう。なので、いつもブラジャーとショーツが合っていないまま着ています。
そんな感じでブラジャーを見つけること自体が難しいと、いつも着けているサイズがあっただけで飛びつかざるを得ません。そうやって飛びつくものはなぜか安っぽい型のブラジャーが多く、服を着た時にも形がキレイになりません。理想としてはまあるく持ち上がったおっぱいのシルエットですが、現実は他人から””ブラジャーのサイズ、合ってないでしょ””と言われる始末です。
おまけに、これはもはや通説とも言うべきですが、大きいサイズのブラジャーは、可愛いものが無い、ということ。飾り気も何もあったもんじゃないです。可愛い下着は大抵DカップかEカップくらいまでで、Fカップまであるのは稀です。実店舗では大きいサイズとして特別にコーナーが作られている事も多く、そこに並んでいるものの多くが、ごくごくシンプルなものです。
そして、大きなブラジャーは、洗濯も大変です。安っぽい形の悪いブラジャーに愛着も持てず、洗濯機で回しているのですが、さすがにブラジャー専用のネットくらいはつけます。しかし、そのネットがもはや小さいのです。なるべく大きなブラジャー用洗濯ネットを探しても、頑張って一枚入ったら良い方です。そんな洗い方をしているので、また新しいブラジャーがすぐに必要になってしまうわけです。
おっぱいを縮める事もできず、私はもう長い間、ブラジャー難民となっています。いつか救済される日が来るのでしょうか?

ナイトブラをしっかりとつける事で形もキープする事ができまし、おすすめです。

買い物をしにショッピングセンターで色んなお店を練り歩いていたら、可愛い服やキラキラしたネックレスやブレスレットが並んでいます。子育てで忙しくて毎回ショッピングに来ても、自分の物はじっくり見ずに終わってしまうのが当たり前になっています。今回もそんな感じで、店の前を通り過ぎながらいいな〜可愛い。と、心の中で呟く私。口に出してしまうと、欲しくなってしまうからです。この買い物も、子ども2人と主人と私の4人で来ました。当然のように、子ども達の服やお菓子を見て、主人の服を見て、食料品を買い物して終わると思っていました。でも、主人が子ども達を見ててあげるから好きなもの見て来ていいよと言ってくれました。その言葉に甘えさせてもらい、ショッピングセンターの中を歩いていると可愛い雰囲気のお店がありました。そのお店は、下着屋さんでした。最近、可愛いのやセクシーなのより、機能性を重視していた事もあり無地の肌色とかが多かったので、私の目にはとてもキラキラしていて魅力的に感じました。欲しいなと思うブラジャーが幾つかあったけど、こういう時に家族のことが頭に浮かんで、これを買うなら子どもの服が1枚買えるなと思ってしまいます。私は、いつの間にか女であるより母親であることを優先していました。こうしているうちに、欲しいと思っていた物を手離してしまいます。諦めて主人と子ども達の元に戻ると、主人に話しました。「可愛いものがあって欲しかったけど子ども達のことを考えると買えなかったよ」と。すると、「欲しいと思った物を買って、前みたいな君らしくいて欲しい」と。だから、魅力的に感じたブラジャーを買いに戻りました。どうして、服とかネックレスではなくてブラジャーにしたのだろうと私なりに考えてみました。服とかで着飾って可愛くて気持ちが盛り上がる事もあります。しかし、身体に直に身に付ける物がお気に入りでも人からは見えないけれど、私の気持ちは内面からキラキラ輝いていられる気がしました。今まで我慢に我慢を重ねてきましたが、身体に直に身に付ける物を大切にしなくてはいけないと思いました。ブラジャー1枚でこんなにもいつもの景色の見え方が違うのだと驚きました。子どもや、主人からもママ今日は綺麗だねとか、可愛いねと言われるようになりました。着ている服はいつもと変わらないのに、ニコニコしている私の姿がそこにあります。私を心から変身させてくれるとっておきのものに出会えました。

情報提供 ナイトブラ.net

わたしのダイエット日記!今すぐ誰でもできるダイエット方法で痩せよう

お正月太りを解消するためにはじめたダイエットだが、すでに、一月がすぎようとしている。最初のころは、勢い込んで、砂糖抜き、完全自炊のダイエットを決意したが、長期化するとさすがに、息切れがする。たまには、甘いものがたべたいし、たまには外食もしたい。そこで、たまには、外食はよいことにした。何を食べるかが問題だ。うどんなどは、結構カロリーがあるし、炭水化物のかたまりだ。結構好きだったが、はなまるには、もういかれない。かわって浮上したのが、近所の洋食屋だ。ハンバーグや、ステーキ、ビーフシチューなどのしっかりした食べ物もおいているが、ホタテと野菜のソテーのような軽い献立もある。ほたては、さすがに太らないだろうとめぼしをつけて頼むことにした。ひさしぶりの外食に、心がほぐれる。自炊の連続だといつのまにか、材料がかたよってくる。好きなものを選んでかってくるのだから、あたりまえだ。その点たまに外食するのは目先のかわったものが食べられて気分転換になる。自宅でたべるときよりは、食べかたも、ゆっくりだ。食べたきがするというものである。ほんの少量の料理ではあったが、ホタテのソテーは、なかなかの味付けで、大満足。勝手にふとらないはずだとおもっているので、こころの健康にもよい。はじめてのお店であったためもあってか、なかなか、味付けにきをつかってくれたらしくてなかなかにおいしかった。またこようとおもって、店をでる。最近では、お腹いっぱいたべないことが板についてきて、少量の食事でも完全に満足できるようになった。きのうも、久しぶりに定食をたべたが、お腹がいっぱいになったら食べない習慣ができていたので、ご飯は、かなり残すことができた。1月にくらべたらだいぶ進歩している。コーヒーにお砂糖、ミルクをいれないのは、完全に習慣化してつらくもなんともない。唯一の課題といえば、夜中に食べたくなったときにどうするかということだ。コンビニまでちょっといって、チョコレートをかうだとか、プリンを買うだとかしてしまうことも多い。たまにはいいかということであまり自分をせめないようにして、そのかわり、習慣化しないようにきをつける。買いにいきたくなっても、まず、冷蔵を点検して、何かかわりになるものがないかを探す。さがせばあるものである。冷凍洋風野菜、豆腐、しいたけ、白菜。どれも、ラップしてレンジであたためれば、すぐに一品になる。ほとんどカロリーのない夜食のできあがりである。

代謝が落ちて痩せにくくなると噂の40代。ダイエット始めます

そう、たぶんきっと、私はわかっていたはずなのです。
だって、この一年の間に何度かそういわれたんですもの。
わかっていたけれど、見て見ぬふりをしてきただけ。
あと数年したらアラフィフになるよという今日この頃、なんだか体のあちこちがモニョモニョとしてきた感じがするのです。
ジーンズのホックをしめたとき、ベルトをキュッとしめたとき、鏡に映る横向きの姿のおなかのラインは明らかにベルトの上に乗っかっています。
つきたての餅で作った、お供えもちのようなお腹。
そして足をそろえて立った時の内ももの、ここ数年のくっつき具合の変化。
柔らかいお肉がお腹から下に付き始めて、「ああ、肉が付く位置が変わって来たなぁ。とうとう、そんな年頃になったのだなぁ」と思いました。
会社の健康診断を最後に受けたのは、約一年半前のことです。
つい先日、昼下がりにシャワーを浴びた後に廊下に出しっぱなしの体重計があったので、久し振りに乗っかってみようと思いました。
たぶん5キロは確実に太っただろうなと覚悟して体重計に飛び乗り、デジタルが表示されるまで静かに待ちました。
「っ!?」
デジタルで浮かび上がった数字に自分の目を疑いましたが、今まで生きてきた経験上見直したり、はかり直したところでデジタルの数字が変わることなどないことを私は知っていました。
なんと、前回の健康診断結果の体重から8キロも増えていたのです。
目の前が真っ暗になりました。だって体脂肪率34パーセント。肥満も夢じゃないところまで来ています。
今までダラダラして、運動もせずにボリボリと調子に乗ってせんべいなどのお菓子を食べてきつけが、こんな大きな形で帰ってきてしまいました。
妊婦時代以来マークしたことがない、体重です。
今は私のおなかの中に赤ちゃんはいませんので、この体重増加は全て怠けた証のぜい肉以外の何物でもありません。
40年と少し生きてきた中で、最高に肥満に近づいている状態です。
そこで私はダイエットを決意しました。
まずは、緩み切ってしまった食生活をフォーカスしてみました。
自分のためにわざわざ食事を作るのも面倒という理由で夫が帰ってくる夕飯以外は、手軽な炭水化物中心お食事で済ませてしまうことも多くなりました。
野菜を多めにとっていた頃の食生活から比べたら、すっかり野菜の摂取量も落ちています。
そして知らない間に食べる量、ダラダラ食べをする機会、夫の帰宅時間が遅いため寝る直前まで食べることが増えてしまいました。
太りやすい人がやっている生活習慣、というやつをまんまとやっているのです。
お腹がすいたから食事の代わりにおせんべいを食べる、という事もやっていました。
一番やっちゃいけない事だとわかっているのに自分を甘やかした結果、この緩やかなボディがあるのです。
さて、まずここで食事の改善を心に誓いました。
食事は決まった時間にとって、間食はしない。本当の基本の基本です。
ただあまりに空腹ですと低血糖の状態になってしまうことが多いので、飴やしょうがたっぷりのお手製甘酒などで軽く空腹を満たすようにしようと思います。
更にぼちぼち代謝がだいぶ落ち込んできていると思うので、満腹感を得ながら摂取カロリーを落とす工夫をすることです。
後は炭水化物の摂取量を減らす事と、夕食は軽めに済ませる事です。
お米を豆腐やもやしに置き換えたり、野菜を多く入れたみそ汁などの汁物や御粥に、おからや白滝を入れて満腹にするなどしてみることにしました。
直ぐに結果が出ないことはわかっていますが健康面のことも考えて、いの一番で食事の改善をしようと決めました。
そしてさらに大分前から分かっていた、運動不足を解消しなくてはなりません。
そこで自宅でもできるという事なので、軽い筋トレの後に30~40分間を目標に有酸素運動を始めます。
まだ始めたばかりなので効果が表れると言われている20分以上続けることをボーダーラインにして、そこから無理なく徐々に運動の時間を伸ばしていこうと思っています。
今日早速、腕立て・背筋・腹筋を各30回ほど行ってから、息切れしない程度のペースを保ちながらその場足ふみを30分続けてみましたが、じっとりとしっかり汗をかきます。
中々良い運動になっているようです。
有酸素運動の後にシャワーを浴び、そのあとで凝り固まった体をほぐすために念入りにストレッチをしました。
ストレッチをすると基礎代謝も上がり、筋肉がほぐれて血行とリンパの流れが良くなることで、ダイエットに一役買ってくれます。
ダイエットだけではなく、ストレッチによって得られる気持ちよさでリラックスもできます。
何よりダイエットをしながら、肩こりのケアもできるとあって怠け者の私にはとてもうれしいです。
ちょっぴり自分に喝を入れるために、ダイエットアプリを使って毎日体重と体脂肪率のメモを入力していくことにしました。
目標はマイナス10キロです!(大きく出ました。でも、欲を言えば15キロ!)
これから閉経を迎えてますます太りやすい体になっていくと思うので、体調によって面倒くさいと思う事もあると思うのですが、目標を達成したいと思います。